エロな事柄に関するニュースを集めるサイトです。

ピンク新聞

AV 問題

元セクシー女優、蒼井そら騒動に持論 「未来を切り売り、犠牲にする仕事」と若者に警鐘

投稿日:

11日に女優でタレントの蒼井そらが第一子の妊娠をブログで発表し、その内容が反響を呼んだ件について、東大卒の元日経新聞記者でありながら元セクシー女優で、現在は社会学者として活動する鈴木涼美氏が、自身の経験から「セクシー女優は未来を切り売りする、未来を犠牲にする仕事だということを理解して欲しい」と若い女性に向けてメッセージを送った。

 2002年にグラビア、セクシー女優としてデビューした蒼井は、今年1月にDJ NONとの結婚を発表。現在は主に中国で絶大な人気を誇っている。11日に自身のブログで「AV女優が子どもを作るなんて子供がかわいそう。結婚発表をした時、そんな言葉を目にしました。子供が将来【絶対】にいじめにあう。そういう確率は高いと【思う】。絶対とか、考えれば分かるみたいな話ってあなたの価値観だよねって」などと綴ったことに対して、賛否の声が寄せられていた。

http://news.livedoor.com/article/detail/15754101/

Abema的ニュースショー 報復合戦?ファーウェイ事件で日本に影響は

鈴木涼美:

私、蒼井そらさんのちょっと後で、デビューが。
おっぱいのサイズが一緒だったんで第二の蒼井そらとして売り出そうとしたんだけどファンの一割も流れてこなくて私はすぐ契約切れちゃったんです。
そらさんも私もデビューの頃の主流は完全にVHSのレンタルで、レンタルビデオ屋って古いのどんどん捨てられちゃうから、無くなったらもうあんまり出てこないだろうなって思ってて、例えばその頃飯島あいさんとかすごい好きだったんですけど、昔のAV見ようと思ってもネットがないからそんなに見れなかったじゃないですか。だから、そんなもんかなと思ってたら、その後爆発的にネットが普及してですね、基本アーカイブで全部観れるし、私もVHSと共にデジタルアーカイブも残っちゃってるんで、デビュー作から全部300円で見れるんですよ。今だに観られているんで、その辺は昔とちょっと状況は違うかな。

・やり始まる前にここまで残ると思わず始めた?という質問に対して

そこはネット社会への先見の明が無かったというか、十年くらい凌げば消えるかなと。私はデビューから15年経っちゃってますけど、きれいな画像で残ってますので、もうしょうがないですよね。

・一度ネットに流れた画像や動画はずっとネットに残り続けるということに対して

だからAVって1日で100万っていうと当時の学生からすればものすごい額で。すごいマッチョな男の子が引越し屋ですごい疲れるくらいバイトして日給1万円なわけじゃないですか。私たち2日撮影で100万円もらってたんですよ。それってやっぱりものすごい額で、それがなんでその100万円もらえるのかは、今の若い子たちがAVに出るのは自由だし私に止められたくもないだろうけど少し考えてほしいですね。その場の労働量に支払われていると考えれば、そんなに自分には価値ないでしょうって。やっぱり未来を切り売りする仕事だっていうのは分かってほしい。その場の時間とか自分の美貌に払われているって思いがちだけど、未来を犠牲にするお金だって、その100万円は何の100万円なのかって。

-AV, 問題

Copyright© ピンク新聞 , 2019 AllRights Reserved.